親子でのフィリピン留学がおすすめな理由

フィリピン留学は親子留学がおすすめです。
フィリピン留学では、マンツーマンの授業中心のカリキュラムになっており、子供の場合は、学習の習熟度に合わせてアルファベットの勉強などレベルに合わせて対応してもらうことが可能です。
私立のプリスクールでは、すべての授業が英語で行われていることがほとんどであり、バイリンガル教育の最前線を垣間見ることができます。
親子で留学しているため、安心感があり、親も子供ものびのびと集中して学習することができます。
現地での新しい経験を親と子供が一緒に乗り越えることで、絆が深まり家族の思い出にもなります。
子連れでの海外旅行の新しいスタイルとしても楽しむ人や教育移住の事前視察の形として利用する人も少なくありません。
また、欧米留学に比べると価格が安いこともおすすめの理由です。
総費用は、滞在国までの往復航空券や現地の物価、ホテルや寮などの滞在先、留学先などによっても変動します。
フィリピンは、国の急激な成長により徐々に物価が上昇しつつありますが、比較的物価も安い為、リーズナブルに留学が可能です。
マニラやセブなどの都会であれば、地方都市の2倍から3倍近く違います。
そのため、生活費が安く、長期滞在者が多く住む街を選ぶようにします。
住む街を選ぶ際には、イミグレーションや総合病院があること、留学生が多く住む街を基準に選ぶようにします。
成田空港から直行便で約5時間程度とフライト時間も他の国までの時間に比べると短い為、子供連れでも安心していくことができます。
価格が安いだけではなく、学校ごとに厳しい英語力のテストや定期的な講師の研修なども行われているため、授業の質にも問題はありません。
語学学校は、1週間から入学することができるため、短期でのフィリピン留学も可能です。
一般的には、ビザなしで留学できる1週間から3か月の短期タイプ、ビザが必要となる3か月から6か月の中期タイプ、6か月から数年にかけての長期タイプがあります。
6か月以上を超える場合、完全に住む場所として探す必要があるため、大きな決断が必要となり、動く金額も大きくなるため、慎重に決める必要があります。
中期タイプから長期タイプの場合は、万が一の時に頼れる各種相談先の確保として、エージェントを頼ったほうが成功しやすくなります。
親子留学の種類としては、保護者と子供が別々の授業を受けるプログラムと子供が単独で留学するプログラム、子供にしっかりと英語学習をさせたい子供中心型、保護者が授業を受けている間にベビーシッターサービスを利用する親中心型などもあります。
子供中心型の場合は、勉強中心のタイプ、勉強と遊びを半々にするタイプ、現地の小学校で学ぶ交流重視型などを選ぶことが可能です。
授業を受講できない年齢の子供を連れていく場合には、ベビーシッターサービスを受けることも可能です。
学校によっては、学校内に託児所を設けているところもあります。
子供には、子供向けのイラスト入りなどのジュニア向けの教材があります。
フィリピンでは、出入国管理法により原則として満15歳未満が単独で入国することはできないとされています。
親と苗字が同じであれば、必要書類はありませんが、苗字が異なる親の場合は、英文での親子証明、親以外の大人が同行する場合には、大使館もしくは領事館が発行する書類が必要となります。
語学学校の場所や滞在場所によっては、余暇には南国気分を味わうこともできます。
親がアクティビティーを楽しみたいときにはベビーシッターにお願いできるプランなどもあります。
夏休みなどの長期休暇中に留学したい場合には、5月中旬ごろから6月末までに申し込むことが理想です。