フィリピン留学の費用を欧米と比較してみる

英語を話したいという願望は日本人にはとても強いです。
その理由は義務教育で勉強しているにもかかわらず、話せるようにはならないというあきらめにもある気がします。
ですから、英語が話せる人をみてはうらやましいと思い、自分も話したいという欲求がとても強いです。
さらには英語ができることで、仕事の幅が広がっていったり、東京オリンピックが開かれているときも自分もなにかできるのではないかという気持ちになります。
そのため、日本で英会話教室にいくこともありますが、それでもそのときは学んだつもりでも、実際に使えるほど英会話が上達できたのかといえば、それはなかなか難しいです。
そうなると本当に現地に留学をして語学学校に通うとともに、英語を使わなくては生活ができないという環境に身を投じなければネイティブと話しが普通にできるようなレベルにはならないというのが現実としてあります。
留学というと、欧米が主流になってきますが、留学費用はとても高いのが現実です。
欧米とフィリピン留学の物価の比較をしてみると、フィリピンの物価は日本の四分の一、ものによっては五分の一くらいです。
たとえば食事などにいっても日本の50円くらいで、十分食べられます。
さらに家賃は1カ月25000円程度で済みます。
これに対してアメリカでは日本とそう変わらないので、費用は高いです。
暮らしだけを考えてみても、フィリピン留学のほうがかなり割安であるといえます。
さらに英語の語学学校についてですが、フィリピンの語学学校の授業のコマ数は1日に1日に9コマくらいです。
それが4週とすると1か月でうけられるコマ数の合計は180コマになります。
一方アメリカでは1日の5コマ程度ですから、1か月で100コマということになります。
このことからも、フィリピン留学で受けることのできる授業時間数はアメリカの2倍になるといえます。
またフィリピンでは欧米よりも人件費が安いということもあるので、語学学校の費用を考えてみてもとくに割安であるといえます。
また留学を考えるうえで、費用だけでなく治安のことも考えていく必要があります。
現代ではどこにいてもテロの問題があってどこにいても安全ではないともいえますが、それでもアメリカとフィリピンを比べてみると、フィリピンのほうが治安がいいです。
また多くの民族が住んでいるということもあって日本人に対してとても有効であるといえます。
このようなことを考えてもフィリピン留学がかなりお勧めであるというのは間違いないです。
ただ、どこの国にいこうと、英語を本気で習得しようと思ったら、自分の心がけで全く違うものになるのは間違いないです。
どこにいこうと、日本人をみかけて、ついうれしくなってつるんでしまっては、何の為に留学をしたのか意味がなくなってしまいます。
英語を本気で身に着けたいのなら、言っている間は日本語をまったく話さないというくらいの心意気でないと、本当に短時間で身につくことはできないです。
留学していて、そのうちに話せるだろうと思っているのでは、いつになっても、話せるようにはならないのです。
自分には時間がないのだと、自分を追い込むくらいの気持ちがないと、本当に習得できるものではないのです。
フィリピンが治安がよく物価が安いということで、ついのんびりしがちになりますが、短期間で帰国するくらいの心がけをもって真剣に英語に取り組むことが必要です。
さらには日本に帰ってきて、そのまま生活をしてしまってはせっかく学んだ英会話の力を忘れてしまうので、日本でも英会話ができる環境にしておくことが必要です。